こんばんは、たろうです






昨日「中華とビオワイン」みたいなところで食事をしました

何度か行っていて、料理は本当に美味しいんだけど量がすごい少ないのが少し残念

ボトルで4000円くらいの白ワインを頼んだら大当たり
小売価格を調べてみると2000円くらい
非常に良心的な値付けだな、やっぱ良い店だなここ、あの価格で量さえも少しあればなぁ
と、店を後にしながらぼんやりと考えていました









また怒られそうなのですが

日本酒は酒屋で買って家で飲んだ方が良く、
ワインは飲食店で飲んだ方が良いと思います





その理由は千個くらい並べられるのですが、一番大きな理由は「日本酒の値付けは高過ぎる」ということ

誰でも調べりゃわかることなので普通に書きますが、良心的なお店でも「一合の売価がボトルの原価」だと判断してもいいくらい
繰り返しますが、良心的なお店でも、です
(もちろんそうじゃない店もたくさんあります。知っていたらぜひ教えて下さい、お互いにそういう素敵なお店を共有しましょう)

エグいお店は「120ミリ1000円」のボトル原価が1000円、なんてのはマジでザラです

僕は心の底から日本酒が好きです
紙パックのお酒も、古臭いキレッキレの辛い酒も、今っぽいフルーティな酒も、全部が好きです

だからこそ、もう少しなんか、こう、どうにかなんないかなぁ、と思ってしまうわけです

「別にその値段で納得して美味いんだから関係ねーじゃん」
はい、完全にごもっともです
僕だってお店で日本酒ばかばか飲みます

ただ、その業界全体の価格設定にあぐらをかいてるお店がすげー多いからもやもや、みぞみぞしてしまう






こっから「だからワインは飲食店(ビーボ)で飲んだ方がいいよ」って話を、いくつかの理由と合わせてしたかったんだけどだいぶ長くなったので次回に続きます

日本酒の話を始めるといつも長くなるなぁ





というわけでまた明日!
6F3D6DCF-20E5-4773-A8D7-8F4EEDA1FEAE