ビーボはワインだけでなく美味しいコーヒーも提供しています。食後や飲んだ後などシメの一杯にも良いですし、コーヒーだけ飲みに来られるのも大歓迎です。

コーヒー 400円(税込432円)
カフェオレ 500円(税込540円)

image


そこでビーボのコーヒーについてちょっとご紹介。


今回はコーヒー豆について。


ビーボで提供しているコーヒーは、京都の小川珈琲さんが手掛けるBLUというコーヒー豆です。


BLU(ブル)は、4つの産地からできるコーヒー豆をブレンドしています。


4つの産地&豆の特徴

■ブラジル
ブラジルの代表的なコーヒー生産地の、セラードリアで栽培されている豆を使用。ナッツやカカオ、チョコレートのような風味があります。

■エチオピア
シダモ イルガチェフェエリアの農園で栽培されている、フェアトレード認定の有機コーヒー豆を使用。エチオピアのコーヒーの中でも高品質を誇ると言われているエリアで、フルーティーさが特徴です。

■エルサルバドル
エルサルバドルの西方に位置するブエノスアイレス農園のコーヒー豆を使用。ピーチやチェリーといった果実味があり、甘み、濃厚さもあります。

■インドネシア
上記の豆に、インドネシア産地の豆を配合することで、どっしりしたコクを与え、ミルクに負けない味わいを作り出す。重要な役割を担うコーヒー豆を使用。



4種の豆をブレンドすることで華やかな香りとクリアなコクを活かした味になっています。


image